your voices can't be heard so far.

2008/03/29

明日の準備。



明日は SIGNAL です。よかったら遊びに来てやってください。

タイムテーブルは以下

---

* B1F
14:30 Q-TA(DJ)
15:45 Nishiyama(DJ)
17:00 fukuda(LIVE)
17:30 SUGANUMA(DJ)
18:40 Yusaku Shigeyuki(DJ)
19:50 ditch(LIVE)
20:30 KAZU(DJ)
21:45 terra(LIVE)

* B2F
14:30 baba(DJ)
15:30 YO-KO(DJ)
16:30 wat(DJ)
17:30 dutch(DJ)
18:30 NOZI(DJ)
19:30 videodrome(DJ)
20:30 toshiko(DJ)
21:30 DJ U(DJ)

---

・PCDJ を使っていない自分なので、データでしかリリースがないものはとりあえず焼くしかないんですけども、手書きだとやっぱだめだなーということでとりあえずラベル付けをしたりしてました。しかしシングル単位でやるのは便利ですけどあっという間に肥大化しそうです。

///

・それにしても地デジとかあのあたりのを HDD レコーダー → DVD へ落とすプロセスが煩雑すぎるわ、他のプレイヤーで見ることができないわで不便極まりないです。

漸く週末。

普通の日記。

・月曜日の朝(正確には先週の金曜)から戦々恐々としていたことが木曜日の夜あたりにとりあえず様子見の段階まで落ち着かせるところまで漕ぎついた(つかせた)感じ。ミスはミスでしょうがないよねと割り切ってその先を考えることのサポートがありがたかったので徒労感はなし。でも「相棒」の最終回や、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の録画を忘れてたことに気が付いたときは流石にショックだった。
・帰宅したらメシ風呂布団というコンボでもって、日付が変わっても1時間以内には寝るというルーチンにせざるを得ない状況が続くことによる身体疲労に気持ちが引っ張られるのは面倒だなーと思いながらまた何枚か CD とかレコードとかを買ったり。


・もろもろで買う機会や数は減ってしまっているけど、それでもこの能動的な習慣は残っていることに嬉しくもあり考えこんだりもしたり。仕事終わったらタワレコすら閉まっていた時間だったとき、仕方なくツタヤ(←ひどい表現/何様のつもり)に寄ったら STS9 (sound tribe sector nine )(去年メタモに出てたバンド)のアルバムが安価で出ていたのはすさまじい収穫。今日買った BENGA (ダブステップ界隈のひとらしい)のアルバムも良かった。そういえばミニマルはどんどん BPM が落ちてるみたいで、あまつさえブレイクが長いとあまりにかったるかったりしてどうしたものかという感じが(べつにどうもしない)。

・運試し程度に申し込んだとはいえ、電気グルーヴ@リキッドは見事に外れていて、やっぱり少しガッカリ。

・それにしてもこのリッチー、ノリノリである。


2008/03/26

地元にて:今週がヤマでしょう。

色々早い。

DJ の良さを定量的に考える会

Nacky さんからのお誘いで参加しました。単純に言えば「そのDJはどういうところをもってして【良い DJ 】なのか」ということに対してなんらかの基準を設けることはできないかというのが事の発端だそうです。

・個人的に定量化(数値化?)以前に言語化というカベがあるような気がしていて、例えば「あの DJ ヤバいんだよ」じゃ何がどうヤバいのかというのは伝わりません。パーティやフェスなどで身体感覚としてその場で受け止めるもの(≒情報)があまりに多い(多くのものを受け止める)(ことができる)ので、それを言語化するのはあまりにも手間がかかりすぎる、もしくは言語化する頃には(あまりに抽象的な言い方ですけど)次のことが既に起きている、というのが「語られない」「語りようがない」ということのもとの一端であるのかもしれません(たぶんほかにももろもろある→手間の話へループ)。

・とはいえ、語られ続けることによって語ること自体の手法のようなものは構築されていくかもしれないし、それがいままで DJ だとかそういった音楽に触れたことがない人が興味を持つ(もしくは深く掘り下げる)キッカケのひとつになるとしたら面白いよなということを思ったのでした。

・で、ここまで具体的に定量化するにはどうすればいいよということにこの文章内で及んでいないのは、ぶっちゃけると定量化≒数値化するのは「いや、無理じゃね?」というのをこの会の知らせを受けたときに思っていたからで(という旨は昨日の会でも話しましたし、いろいろと論じられました)、たとえば雑誌などで、10点満点でレビューされた CD はどういう基準でその点数がついたのかというのは自分には全くわからないし、音楽に限らず、「●●から出るプロダクトは出来がどうであれ必ず一定以上の評価を受ける」というある意味政治的なアレがソレという話とかちょくちょく出てしまったりしている過去の例から見て、現状の手法での数値化はあんま意味ないよなというのがその理由です。でもそれを基準にしているひともいるからあの手法が存在しているのでしょうけど。

・とにかく興味のあることや好きなことを言語化するのは、ある意味客観的な視点を持つキッカケにもなり得るし、続けることによってその手法が洗練されていったら、また次の段階が出てくるのではないでしょうか。その言語化されたそれが単体としては、直接的に定量化することへの基準にならなかったとしても、アーカイヴされ続けること(と同時に、受け手も鵜呑みにせずに咀嚼すること)で意味を帯びてくるというのは、「マエストロ」とかあのあたりのドキュメンタリー映画が既に証明している、ような気がします。作為的なものでないのが望ましいのは言うまでもないですけど。

・だからまぁ何度も書いているような気がしますが、そういう意味で田中フミヤの "via" はいろんな部分でエポックメイキングな作品だったのではないかと思っていたりするのですが(ファン心理を差し引いても)。

と、推敲なしで徒然としたメモ。

吐いた唾は飲みません。

・mixi の話は今まで意識的にしないようにしていた(入ってないひとにその話をするのはいったいどうなのよという理由)のですが、今回は敢えてします。多分最初で最後でしょう。 mixi で書いていた日記全部消しましたし。

・もはや周りでは数人程度しか書かない話題となってしまった規約の件(この辺(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/05/news082.html)を読んでください)についてですけど、単純に読んだ瞬間気持ちが悪いと思ってしまったのが日記を消したその理由です。たいしたこと書いてないから別にいいっちゃあいいんですけど、あの規約の書き方は脇が甘いというか気持ち悪い印象しかありませんでした。あと、詳しくは書きませんけど、独り善がりで短絡的な思考の数々も露呈してきて正直その発想(他人がコミュニケーションの対象というよりも単なる消費の対象にしかなってないんだろうなーという感じ)にはついていけないなーとガッカリしてしまった(というか今でもしている)ので(「思うところは特になし!」とバッサリ言い切る人たちの方がよっぽど痛快だった)、「袖触れ合うも多少の縁」というのは残しつつも、もろもろ面倒になってきたから距離は置いた方がいいかもねーということで。

2008/03/25

2008/03/30 - SIGNAL @ heavy sick zero



【SIGNAL 10】

2008.3.30.Sunday
OPEN 14:30-22:30
2,000Yen(1d)with flyer
2,500Yen(1d)at door
@ Heavy Sick ZERO (http://www.heavysick.co.jp/zero/)


GUEST LIVE:
ditch (op.disc / Minibar)
terra (MERKUR)


GUEST DJ:
KAZU (ignite)
YUSAKU SHIGEYASU (TOREMA/RADIAL)
Suganuma (microsurf/ORgAnza)


DJs:
Q-TA (SIGNAL/scuba)
Nobuki Nishiyama (HEADZ/warszawa)
DJ U (Upsets)
TOSHIKO (TROPFEN/epicure)
NOZI (SIGNAL)
wat (LOOPS/ExTEND)
dutch (scuba)
baba (SHUFFLE)
Videodrome   
YO-KO


LIVE:
FUKUDA (aqua)


VJ:
REMIX+
chinadoll


http://signal-party.jugem.jp/



クリック、ミニマルを軸に変化し流れる音の連なりは、ドープにそしてきらびやかにと、SIGNALならではの空間を演出する。さて、2008年一発目のSIGNALはゲストLIVEに、自由な発想、ユニークで鮮やかサウンドでフロアを湧かし、去年リリースした1stアルバム「ditch weed」も好評な、SIGNAL二回目の登場となるditch。07年にBerlinの伝説のCLUB「BAR25」にて日本人で初のLIVEを行い大成功を納め、今も進化し続けるterra。そしてゲストDJに、抜群のミックスセンスと香署ャ力によって生み出される独自のグルーヴ感溢れるプレイスタイルで、ignite@MODULE(毎月第4土曜日)をホームグラウンドに活躍するKAZU。DJ活動と並行してトラック制作にも取り組み、TOREMA RECORDSよりリリースされたFC CHAOS EPに参加し、自身のレーベルRADIAL RECORDSからも12'をリリース浴薯閧フYusaku Shigeyasu。都内某所に建つ知る人ぞ知るクラブミュージックときわ荘、フォレストマンションに居を香盾ヲ、訪れる多くのparty peopleにテクノの持つ快楽性、陶酔性を広く布教するsuganumaを迎え、また、レギュラー陣もNobuki Nishiyamaを始め、一癖も二癖もある音使い達が集まり、かなり中身の濃いSIGNALならではの内容になっております。是非!!!!




久々のDJなのでいい雰囲気が途切れないようにがんばります。

2008/03/22

地元にて。

もう少し感。

それにしても今週はジャンクフードが肉と骨だと言わんばかりの食生活。あと明らかに(自分を含めて)言語野がいかれたような発言が飛び交うというところで職場は年度末ムード満載(多分継続中)。

休日出勤の代休は(電気グルーヴ@リキッドが当たったら)(運試し的に申し込みをしたので当たらなかったらそれはそれで)4月2日に。

新木場!(空耳アワー見てた)

2008/03/20

近況。

・単純に仕事に忙殺されています。
・ scion と tikiman のライヴ音源とか聞いてます。rhythm & sound の例のトラックと tikiman のヴォーカルに、過剰なまでのディレイとリバーブがかかる様は圧巻です。
http://poussinfrais.com/index.php?blog=2&title=aout_2007&more=1&c=1&tb=1&pb=1
(ページ内にリンクがあります)
・先日購入した raster-noton の音源は、カード決済の明細を見たときにダウンロードできることを知りました(約5ユーロ)。メールは来ないわ回線はクソ重いわで散々でしたがそれでも欲しかった曲なので許します(上から目線)。ロハススイーツクソ喰らえと言わんばかりの(確実に言ってない)遅めのBPMでブリブリと踏みにじるような電子音が最高です。
・あと prefuse73 の旧作も聴いてます。
・先日のオウテカの音源を探したりして以来、BBC のページとかチェックしたりしてるんですけども、まさか UTAH SAINTS という名前を00年代後半になって見ることになるとは思いませんでした。

・地デジになりました(居間だけ)。
・そして明日(20日)は休日出勤です。


最近買った盤の一部。

2008/03/09

Autechre @ Mary Anne Hobbs, Experimental - BBC, Radio 1 (2008-02-27)

http://www.newmixes.com/mary_anne_hobbs_and_autechre-live_on_radio_1-cable-02-27-2008.html

・先日聞き逃した BBC で放送されたオウテカのライヴミックスが方々でうpされているようです。それにしてもこの自由度は凄い。Hypnotist までかかっていて、ある意味モードセレクターにも通ずるやんちゃ度です。

・でもって、そのオウテカのミックスが終わり(たぶん)、最後あたりで何曲か紹介されていて(ミックスされていなかったしタイトルコールしていたので多分そう)、その中でかなり購買意欲をそそられた曲があったので レコ屋のサイト、beatport 、discogs などを調べてみたものの、どこにもなかったのでさらにいろいろ調べてみたら、どうやらダブプレート(ホワイト)盤だったようです。っていうかここ BBC のページじゃないですか

・そして、そのオウテカの4月末に控えた来日ライヴのチケットが先日到着。整理番号が20番台ということに軽く驚きました。そんなところに引きを使わなくても。

///

・そして raster-noton から未だに認証メールが届きません。どんだけユルいんだ…。

2008/03/06

ダウンロードできない。

・アナログでだいぶ気に入ったものは CD でも欲しい!その逆も然り!という面倒な感性を持った自分なのですが、最近は CD がなくて売ってるのはヴァイナルとデータだけ、しかもそのレーベル直営のショップにしか置いてない。でも欲しい!という本人以外はどうでもいい勢いでとあるレーベルにてもろもろを登録してチェックアウト。よーしダウンロードするぞーと思いきや。どこにもダウンロード開始のボタンがない。画面を良く見たら、

「payment pending」(支払がすんでないお)

どういうことだこれはと思って FAQ とか調べてみたところ(先に見ろよ)、

「Q:なんですぐにダウンロードできないの?」
「A:すいません、こちらでのクレジットカードの認証がちょっと時間かかるのですぐにはダウンロードできません。確認できたらメールをお送りしますのでしばらくお待ちください」
(原文は英語です)

とりあえずわかんない単語を調べてみたところおそらくこんな感じでした。ダウンロードショップとしてチェックアウトしてからすぐにダウンロードできないというのはどうかと思うのですが…。beatport とか wasabeat に慣れているからかもしれませんが、このもどかしさはなんとも言えないです。オンラインでなにかを買うという行為に懐疑的にならざるを得ない(と思いつつも買ってしまう矛盾)のはこういうとこにもあるような気がしてきました。

直後、dextrax の新譜を wasabeat にて購入。それまでのもどかしさもあってか、便利すぎて恐ろしいとまで思いました。どっちが良いんだ自分。


…しばらくしてこのテキストを書いているときに原文を再び見直して(このエントリへその原文をコピペして)みようと思ってすぐダウンロードできなかったレーベルのページにアクセスしてみたものの、トップページ以降が落ちています。なんという…。

落ちてるページ:
http://www.raster-noton.net/

【追記】
・復旧してました。そして上記の原文。



why can’t i pay immediate downloads by credit card?
__________________________________________
unfortunately our credit card provider does not allow immediate acceptance of payments yet. if you would like to pay your download tracks by credit card you can do so but it will take a few days to proceed credit card transaction. we will send you an email when you can access your download files on your raster-noton online shop account.

for immediate downloads please choose paypal payment. we are working on immediate credit card payment.



…自分、意訳し過ぎです。

2008/03/04

寝たい。

http://www.youtube.com/watch?v=_JlJEEiTr5s
http://www.youtube.com/watch?v=odJAHbU9kjA
http://www.youtube.com/watch?v=AicVNRwp9mo
http://www.youtube.com/watch?v=eOTuIfFP2cs
http://www.youtube.com/watch?v=3V5m6jE1COE

全員の格闘家を知っているわけではないけどメチャクチャおもろかった。
特に1個目の小比類巻のものまねは椅子落ちした。布団の上だけど。

///

アジカンの新譜と噎せるくらいに文字量の多い雑誌「エクス・ポ」2号を購入。

2008/03/03

落合に行ってきました。

行ってきたというか落合が自宅から普通に歩いて行けるとこなんですが、soup でのパーティ、 earsore に行ってきました。娯楽を伴った低周波治療。全アクトヤバかった、いいパーティでした。大充実。

それにしても soup は行く度にスピーカー増えてる気が…。