your voices can't be heard so far.

2008/07/28

tes おつかれさまでした。

身体が死ぬほど重いけど、とりあえずはお礼をば。遊びに来てくださったみなさん、スタッフのみなさんありがとうございました。

自分以外のアクトの良い内容に引きかえ、自分のDJは全体的にもうグダグダで、明らかに準備不足でした。すみません。あれほど選曲に苦しんだのも久しぶりでしたが、そんなことは来てる人にはそれはなんのエクスキューズにもならない(ってQ'heyさんが以前ブログに書いていた)(のでそれを見習っている)ので次の機会はなんとかしたいです。とはいえ、パーティ自体はそれぞれのアクト個性がかなり色濃く出ていたのではないでしょうか(自分がこのパーティに際していちばん貢献できたのは人選だったかもしれないというくらいに)。いい雰囲気だったと思います。そしてお酒も進みました…。

///

当日グダグダな自分でしたが、そんな中でもDS-10にはだいぶ救われたカタチになりました。たぶんカオシレーター持ってたらこう使うんだろうなーっていう飛び道具的な音(セッション名も"TOBI"って入れてる)を随所で入れたり(あれは明らかに先日のsaloonでのjah-light sound system の影響ですね)とか、ダブステップっぽい感じにしたいなーとか思って作ってたら「saidrum 大好きです!」(決して「っぽい」ではない)っていう感じになっていたトラックをかけてみたりしました(そのあと繋いだ shackleton のトラックに負けないくらいのえげつない低音が出ていてびっくりしました)。そういえばサイン波がないんですよね。

2008/07/27

きましたきました。



DS-10が届いていちばん最初にやったのは、かの Tyree の"acid crash" (通称:Tyree の "video crash")でした。マニュアル見なくても電源入れたらすぐ色々できるというのはやっぱすげえです。唯一の欠点は、演奏中でもDSを閉じてしまうと音が止まってしまうことくらいでしょうか。些細過ぎる!

///

そんなこんなで明日…っていうかもう今日ですね。はヘビーシックゼロでDJです。才能あふれる気鋭のクリエイター衆に混ざってこっそりとハードテクノっぽいやつとかかけたいと思います。よろしくです。

>>> 2008/07/27 [sun] 14:00 -


■ B1F: Mars from Hubble

DJs:
* marix ( 160 / buddy )
* HoshiI-T
* BUZZMASTA
* KARASAWA
* DJ TECHNORCH
* Azsa ( JCC / Hecatomb )

VJs: knockheadz / remix+

■ B2F: The Evening Star

DJs:
* Sango (In-Pulse / PING )
* gassyoh a.k.a. ポポス ( CLUB VIP / Maltine Records )
* Hedonist ( Delights music / Exotica )
* wat ( THRUST / ExTEND )

LIVE:
* kokou ( ExTEND / Spiel! )
* R-9 ( EPX studio )

VJ: Ra-disk

@ heavy sick ZERO ( http://www.heavysick.co.jp/zero/zero.html )
Entrance fee:2000yen/1d
more information: http://xhdj.com/

2008/07/23

R3LAYTIONS おつかれさまでした。

ということで土曜日に行われたR3LAYTIONS、無事終了しました。呼んでくれた R-9くん、unaくんの両氏に感謝です。

・ちょっと趣向を変えて、入口から奥の壁まで直線上にソファを並べていたフロアのレイアウトから既に、そこに居るすべての人たちへのコミュニケーションを促すためのものというコンセプトがまる分かりで、ソファの一角に設けられたスペースに置いてあったいろいろな本や("B2B"という合同誌の、柔らかいタッチで描かれたR-9くんのマンガに柔らかい人柄を感じたり、そこから真逆に振り切れているミヤタさんという方のマンガがすさまじ過ぎてゲラゲラ笑ってしまったり)、プロモCDはその場やその後を繋ぐものとして存在していたし、付加要素をゴテゴテ足しているというよりは、それを含めてひとつのパーティという意気込みが随所に散りばめられていて、(レイアウト配置の自由度が高い茶箱では特に)今後パーティを開く際の指針になりうるものだったのではないかと思います。

・で、DJなのですが、とても楽しかったと同時に、とても難しかったですね。新鮮さ故の難しさ。一応、BPM130前後という緩やかなしばりがあったので、もうちょっとミドルなグルーヴがずっと続くのかと思ってたんですけども、それぞれのDJが持っている「BPM130あたりの感覚」っていうのにこれほど差異があるのかという感じで、3枚で交代というところから生まれた展開は独特な緩急を持っていたと思います。それゆえの選曲に対しての緊張感もまた独特なものでした。
・ひょっとしたら、リーグ戦みたいに、DJが6人いるとして、まずAさんを軸にして、A→B→A→C→A→D … という風にして A→Fまで行ったら次はBさんを軸にして、 B→C→B→D … B→F→B→A っていう感じで進めていったら、軸になっている人の感覚を浮き彫りにしつつ、他の人の感覚がうまく絡んでくるような気がしますけど、こればっかりはやってみないとわからないですね。

・…「わからないですね」って今回ゲストだったのに主催者ヅラしてるのはまた機会があったら出たいからです(笑。思っていた以上に楽しかったです。改めて、ありがとうございました。

2008/07/19

特別編。

ガン寝。

5周目。

とりあえず自パート終了。確かに普通に一時間分だ。

4周目。

あと1巡かなー。

3周目

2周目

r3laytions始まりました。/ 1周目。

淡々とかけた盤の画像を貼るです。

繋がりを考える。

■全ての道は城島へ通ず。- 失踪外人ルー&シー
http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20080710/joshimagame

---コピペ---


昔流行ったハリウッドの俳優の共演者からまたその共演者とさかのぼっていくと

必ず6人目以内にはケビンベーコンが入っていると言う法則な。

何故リーダー城嶋なのかというと自アンと親和性の高そうな芸能人が思い付かなかったんだ…。

◆ルール、項でスタートの芸能人を指定してドラマ映画アニメまで可として6順以内に城嶋にたどり着けばok

◆例として林原めぐみから始めてみた場合…(新世紀エヴァンゲリオン)→宮村優子(バトルロワイアル)→前田亜季(はぐれ刑事純情派2004年7月7日)→藤田まこと(はぐれ刑事純情派)→城島茂(はぐれ刑事純情派2003年殉職)


---コピペ終わり---

…天才の仕事としか思えない。



・俺も挑戦。

* 相武紗季(いまCMで見た)→ (歌姫)→ 長瀬智也→ (タイガー&ドラゴン)→ 岡田准一 →(木更津キャッツアイ)→ 森下愛子 → (マンハッタンラブストーリー)→ 城島茂

… クドカンばっかりじゃないか!

* 平野綾(思いつき)→ (多重人格探偵サイコ)→ 大杉蓮 →(BROTHER)→ 渡哲也 → (西部警察SPECIAL)→ 徳重聡 →( 渡る世間は鬼ばかり)→ 宇津井健 → (ムコ殿:最終話ゲスト)→ 城島茂

… これはwwwww

////////////////////////////////

・まぁそういうことで、いろいろなことには繋がりがあるんだなーみたいなうまいことを言ったつもりで再告知です。いよいよ今日です!




●●● R3LAYTIONS (relaytions) ●●●
>>> 2008/07/19 [sat] 16:00 -
>>> 1500yen/1drink

DJs:
* Yonkawa ( VINYLHOUSE )
* Yasuo Sato ( Slow Days / Night Drive Music )
* YAMA'N ( TECHNIQUE )
* una ( electline )
* R-9 ( EPX studio )
* wat ( THRUST / ExTEND )

@ sabaco ( http://www.sabaco-cafe.net/ )
more information: http://www.r3laytions.com/

・「ひとりのDJが3曲ミックスし、次のDJにバトンタッチします。」「これを3人のDJでローテーションします。」「DJの組み合わせを変え、数セット行います。」というルールのもとにひとつのパーティ(とおそらくはその場とその後)を紡いでいく新鮮なコンセプトのパーティでのDJです。というかwebサイトの気合の入りっぷりが!

・頻繁にDJが変わることでDJ同士のコミュニケーション、そしてDJが頻繁にフロアに出ることでのフロアに来ているお客さんとのコミュニケーションも生まれてくると思います。「さっきの曲なに?」というところからでもいろいろ話が広がる可能性もあると思うので(というかそうあってほしい)、是非遊びに来てみてくださいね。

よろしくですー。

2008/07/08

土日。



・とりあえず写真のみ。

2008/07/06

現在地:六本木ヒルズ52階。

ファンクションワン(マイクロオフィスにあったスピーカー)がブンブン鳴ってます。

そしてさっきまで舘ひろしがいてスレの勢い5桁みたいな雰囲気になっててワロタ。

2008/07/01

alva noto / UNITXT

以前ダウンロードで購入するまでにすったもんだあった(というか単純に待たされた)、Raster-Noton からの新譜を買いました。



・そのすったもんだでレコードとデータ両方手に入れた Byetone よりもさらにモノトーンに、そして色んな意味でブッちぎった感満載のミニマルテクノ。テクノって言っていいのかわかんないですけど向こう1週間のうちに「いまよく聴いているテクノの曲を挙げてください」と言われたら間違いなくこれを挙げるというくらいにテクノだと思います。エレクトロニカというにはダンスフロアにものすごく寄っているように思うほどアッパーだし、ビートのある曲のほぼすべてが BPM120 だからってハウスというにはあまりにも異形すぎるのでテクノって適当に言ってます。そんなもんです。で、Byetone と同様に、薄っぺらいノスタルジーもカタルシスのようなものもビタイチない感じが最高です。