your voices can't be heard so far.

2008/09/26

[ほぼ画像のみ] 自宅発掘。

いつ買ったのか全く記憶がない。

耳が古すぎる。

■「フジ・ロック、サマソニが入場者数減10年で過渡期を迎えた洋楽系フェス」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20080924/1019008/

・決して安くないチケット代を払う基準として、出演者の(行く側にとっての)良し悪しは確かにあるだろうけど、今日び「邦楽」/「洋楽」で、「聴く」/「聴かない」の区切りにするなんてリスナーの耳を馬鹿にし過ぎ。


「集客ばかりに目を奪われ、フェスのカラーに合わない人気J-POPアーティストを呼んでしまうと一時的に観客は増えるかもしれないが、今度はフェスの固定ファンにそっぽを向かれてしまう。」

・Perfumeですか。


「今年の大トリのコールドプレイは8年前のサマーソニック00出演時には3番目に登場した。今回のラインナップも、実は洋楽に詳しい音楽関係者には評価が高かった。」

・フェス行く人間だったらこんなこと書かないよなあ。現場置き去り。

・こういうの書いてる人って、今でもCD屋行ってカート・コバーンが表紙になってたらその雑誌だけ買って帰って、未だにその死因を探るタイプって感じ。

2008/09/15

flying lotus をずっと聴いているような気がする。

というのをかなり適当にダラダラ書きます。たぶんオチもなにもありません。

・ここ数週間だか数ヶ月だかわかりませんけど、WARPから出ている flying lotus の音源をひたすら聴いているような気がします。

・ヒップホップは全く持って門外漢な自分がなんでこんなに聴くようになったのかは、6月、最終週を迎えたイエローでの "DISTORTION" まで遡ります。たまたまお会いした知人と話していて、「最近なんかいいの(←盤)ありました?」っていう話になって「んー、ミニマルとかあんま買ってないからわかんないけど、この前WARPから出たflying lotusのアルバムは良かったよ」というのがキッカケでした。話していたその人もかなりカッコいいトラックを書く方だったし、その後にも、微妙に「あのアルバムは良い」という評判を耳にしていたので(しかも言っていたほとんどが、そのときたまたま会った人だったような気がする)いざレコ屋で聴いてみたアルバムが以下。


Flying Lotus / "Los Angeles"





・同じWARPのBoards of Canada やprefuse73にも通じるようなザラっとした音質もさることながら、ギクシャクしてるようなうねりのあるような、なんとも言えないグルーヴ感覚のすさまじさに一発でやられてしまいました

・その後いろいろインタビューとかないかなと漁っていたらこんな記事が。

FLYING LOTUS - bounce.com インタビュー
http://www.bounce.com/interview/article.php/4304/ALL/

・「友人がPCでブレイクコアを作っていたのに衝撃を受け、ラップトップでの音楽制作を始める」っていうくだりがすごいですねコレ。LAというか西海岸周辺は、KID606やSUTEKHのようにブレイクコアとクリックハウスを並列に扱ってるような連中がゴロゴロが居るという話を随分前(多分フォース・インクが一度潰れる前くらい)にどっかのインタビューで読んだことがありますが、もうヒップホップがどうだとかブレイクコアがどうだというのはほんとうに関係ないんだなあと。このアルバムからはステロタイプなヒップホップにありがちな人物像やメッセージ性はたしかに全く見受けられないし、そういったところはむしろこれはテクノに近く、そしてすさまじく自由なんだけど、アルバムを一気に通して聴いてしまうほどの一貫した作風は、極端に言えばベーシックチャンネルのそれにも通じるかもしれません。

・その後、"Los Angeles" の前にリリースされた "RESET EP" も買いました。


Flying Lotus / "RESET EP"




・1曲目のボーカルの潰れっぷりがすごい。それにしてもアルバムとあわせてどんだけ曲のストックあるんだ…。

・そして10月には来日だそうです。早すぎるよ!
(まだ行こうかどうか逡巡している)


[adult swim] | Music | Ghostly Swim:
http://www.adultswim.com/williams/music/ghostlyswim/index.html

・で、FLYamSAMというユニットをSAMIYAM(この人も来日するらしい)というひとと組んでいるのですが(っていうか上記の音源のレーベルが SPECTRALの親レーベルのGHOSTLYっていうところでもうただならない)、そのSAMIYAMが作ってる1トラック2分弱のビート集のCD(っていうかCD-R)のジャケが、雑誌やチラシをCDジャケサイズに切り抜いてタイトルを手書きでという尋常じゃない適当ぶり適当ぶりw。(参考:onsa blog )(自分が買ったときはパンダの写真でした)

・で、今はこのあたり音を追ってみようにも、門外漢なだけに全くわからないという有様です。別にもうテクノ聴くの辞めます!とかそういうのではなくて(これといった心境の変化もたぶんない)、単純に1人おもろいひとがいるなら、SAMIYAMもそうだったし(このひともやっぱり変な音だった)、さらにもっといろいろおもろい人たちがいるんじゃないかなーという好奇心だけです。ガツガツ掘れるほどの財力はありませんが…。

追記:
自分の iTunes のリスト漁ってたら、modeselektor のミックスCDにも収録されてたのにさっき気が付きました。


boogy bytes vol.3 mixed by modeselektor [ bpitch control ]

01. intro by the panacea
02. siriusmo - "wow"
03. the detroit experiment - "vernors"
04. flying lotus - "1983"
05. spank rock - "rick rubin"
06. paul kalkbrenner - "gia2000 (modeselektor gia2007 remix)"
07. james holden - "idiot"
08. bobby peru - "erotic discourse (audiojack remix)"
09. c´hantal - "the realm (accapella)"
10. nathan fake - "charly´s house (apparat rmx)"
11. errorsmith - "free for all"
robag wruhme - "papp-tonikk"
female - "cally 2"
krause duo - "tigerbett"
12. skream - "midnight request line"
angelo battilani "empty"
13. rhythm & sound w/ bobbo shanti - "poor people must work (carl craig remix)"
14. burial - "southern comfort"
15. jean jaques perrey & luke vibert - "moog acid (plastician mix)"
philippe cam - "karine"
16. various - "lost"
17. fill in #1
18. siriusmo - "discosau"
19. fill in #2 feat. teki latex
20. ttc feat. modeselektor - "une bande de mec sympha"
21. clatterbox - "collision detection"
22. mr. oizo - "half a scissor"
23. marcel dettmann - "let´s do it"
errorsmith - "a1"
24. µ-ziq - "µ-ziq theme"
25. phon.o - "ridin´ dirty"
26. radiohead - "idiotheque"
27. outro by modeselektor

2008/09/10

東京ゲー大 講義終了 / 告知

呼んでくれたはなちゃん、アクトのみなさん、スタッフのみなさん、そして遊びに来てくださったみなさんおつかれさまでした+ありがとうございました。東京ゲー大、無事講義終了です。

東京ゲー大っていうか、途中から、体力的に(そして自分が勝手に)「東京ゲームコンバットスクール」になっていた感じでしたが、終わってみれば非常に思い出深いものになりました。やったね!(ニック)

イベントが始まってからラストまでてんやわんやだったので、細かいことはあんまり覚えていないというのが実際なのですが、開場が1時間遅れたのは目黒区のさんま祭りで起こった渋滞に搬入車が巻き込まれてしまったそうです。サンマめ…!

あらためて、おつかれさまでした。楽しかったです。
つづきはお店(16shots)で!

///

そして告知。


THRUST "composition" release party - melt -

2008/09/20 [sat] 16:00-22:00
@ sabaco [waseda] (http://www.sabaco-cafe.net/)

Entry Fee:
2000yen at door / 1drink + "composition" CD
1500yen with "composition" CD / 1drink
("composition" CDをお持ちの方ディスカウント

live:
* EIJI

DJs:
* wat
* kokou [ExTEND]



…夏のコミックマーケット74にて頒布した "composition" のリリースパーティっぽいことを催します。場所は早稲田茶箱。前回は自分の 5hours DJ set というガチガチの内容でしたが、今回はソファやござをありったけ敷いてゴロゴロできる中で、ゆるゆるに、おもてなしのこころでお待ちしています!

2008/09/05

日曜日は bar 16SHOTS 2nd anniversary party です。

・メタモ終わってWIRE終わってしまって夏ももう終わりだよねー、なんて感傷に浸る間もなく日曜日は、新宿二丁目にある(梅酒がうまい)ゲームバー「16shots」の2周年パーティで、五反田にてDJです!

・自分はトリです。35分と短めですが、ゲーム曲とハードテクノのマッシュアップをひたすらかけ倒すという、名だたるコンポーザー/プレイヤー/クリエイター陣が勢揃いの中においてやり逃げ感満載のDJをしますんで、生暖かい目で見守ってやってください!

---

■ bar 16SHOTS 2nd anniversary party
"TOKYO GAME UNIVERSITY "
『東京ゲー大』 開催概要

 2006年7月15日にオープンしたビデオゲームバー『16SHOTS』は、おかげさまで先日2周年を迎える事ができました。
 これもひとえに健全な成人ビデオゲーム・ファンの皆様方のご支援の賜物と、深く感謝しております。
 このたび当店ではお客様感謝企画、および、ゲーム業界盛り上げ企画と致しまして、ささやかではありますが2周年パーティを開催いたします。

■イベント名:bar 16SHOTS 2nd anniversary party
TOKYO GAME UNIVERSITY 『東京ゲー大』
会期:2008年9月7日(日曜日) 午後イチ~22:00 
※20歳未満入場制限予定
会場:東京・五反田 5TANDA SONIC http://www.gotanda-sonic.com/
会場規模:120名~(スタンディング)
入場料:前売3000円、当日3500円(1ドリンクチケット付き) 

★前売り取扱い:
・西武新宿駅前 ゲームセンターミカド
・ゴールデン街 bar plastic model
・新宿三丁目 8bit cafe
・bar 16SHOTS
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/16shots
mixiコミュ:http://mixi.jp/view_community.pl?id=1411524

協力:株式会社アイエヌエイチ、株式会社スーパースィープ

■イベント内容:
世界各国からゲーム&酒好きが集まるビデオゲーム・バー16SHOTS、昨年の1周年は箱が狭すぎた! 反省! というわけで今年は16SHOTSを飛び出して、もうちょっと広いところでやっちゃいます! イベントの内容は音楽あり、ゲームあり、お酒あり、トークありの普段の16SHOTS・超拡大&出張版! ああ、おれたちってやっぱりゲーム好きだったんだ! を、大勢で再確認しちゃいましょう!

出演:
●DJ
* sampling masters MEGA [ SuperSweep ]
* sampling masters AYA [ SuperSweep ]
* Kou Hayashi [ milestone ]
* WAT [ GAMSIC ]
* LZD [ GAMSIC ]
* 福田タケシ [ 8-bits ]
* yu-king [ the Riot-怒りの10代 ]

●live
* O.T.K.
* kokou [ GAMSIC ]

●トーク
・シューティングサミット2008
出演:MOSS駒澤社長、Zさん、Oさん
『雷電IV』『ファンタジーゾーン』発売直前! MOSSの駒澤社長を筆頭に、『TF6』のあの人や、『AGES』といえばのあの人たちがシューティングの未来について真剣に悩む!

・ファミツアー冒険記
出演:ファミツアー1号、ファミツアー3号
都内で安くゲームを買えた10年前の幻想を追い求め、ファミツアー一行は今日も日本全国買い出しツアーに奔走する……そんな男達のロード・ムービー、ここに公開。

●物販など
当日はもちろん飲食物販売ほか、協力会社様出展の物販もアリ! 思わぬお宝が出ちゃうかも!?

---

[JR五反田駅から会場までの行き方(てきとう)]
・電波新聞社とは反対の西口に出て、TOCビルに向かう大通りへ。途中目黒川を渡ったらすぐ右へ!目黒川を右手に200mくらいまっすぐ歩いて信号を渡り、渡る前と同様に目黒川を右手に100mくらいまっすぐ歩くと左手にそれらしき場所が見えます(会場は1階です)。