your voices can't be heard so far.

2009/08/31

WIRE09に行ってきました。



・ということで今年も行ってきました。11年目。

・以下、時系列順に。

/

* CHRISTIAN SMITH :
クロークに荷物を預けたり、メシを食っていたので聴いたのは正味45分くらい。このひとすごいっていうよりはほんとにDJうまい。

* MODERAT :
自分内ヘッドライナーのmoderat。アルバム内の曲を再構築したライヴ。低音すげえ。modeselektor(moderatの半分はこのひとたち) の "let your love grow" をやったのには驚いた。横アリで素材とはいえTikimanの声が聴けるなんて。あと映像最高。apparat はいい声してるなー。

* DJ TASAKA :
いきなりSUENO LATINO ! DJ自体はすごくしなやかになった印象。たぶんWIREのような1時間くらいのセットよりも、クラブでの5時間以上のセットの方が今のモードに合っているような気がする。

* agraph :
サードエリアでのライヴ。やっと観れた、卓球さんの助手ウィンクwこと牛尾さん。音の感じから(実際この前のリキッドでも共演してるし)(観れなかったけど)ハラカミさんと同じ系で語られそうな気がするけど、牛尾さんの方がさらにダンスミュージックに向かっているような気がする。多分新曲もやってた。その後たまたまエンカウントした某さんと一緒にいたので、それに乗じて「アルバムすげーよかったです!」って伝えたりした。

その後LISMOエリアでタッチパネルのモニター見たときに、着うたフルの広告で、ちょうどそれが「20周年のうた」のPVのアルミ伯爵がグルグルと回っているところだったので、この動画がもらえるならそりゃなんか買うよとか思ったけど勘違いでガッカリした。

* GUI BORATTO :
4階席からちょっと見た。このときの自分が既に次のエレンやハイコに意識が向かっていたのであんまり集中して聴いてなかった。このとき「ベロシマがすげえことになっている」という話をtwitter(以下戸板)の#wire09ハッシュタグ経由で見る。

* ELLEN ALLIEN :
予想外のズンドコハードな展開にびっくり!そのダンサブルな展開で完全に持っていったその瞬間にスっと叙情的な展開をはさみ込んでくる絶妙さが泣ける。そして動作がいちいちかわいい!天は二物を与えるのか…。戸板でも「エレンかわいい!」「エレン結婚して!」「エレンおしっこのませて!」と埋まりまくっていて笑った。

* HEIKO LAUX :
エレンが終わってから急いでセカンドへ。「アリーナの状況聴いてたの?」って問い詰めたいくらいハードな展開になってた。フロアを煽りまくっている本人も楽しそう。あと宇川さんのVJが酷すぎて笑った。ゴシップ誌を亜高速で拡大縮小スクロールページめくりのやつが特にひどくて、めくってるうちに一万円札が挟まってるページがあったりして、そのうちそのゴシップ誌のページそのものが一万円札になってるっていう意味の無さ!

* TAKKYU ISHINO :
ここまで割と空いてて大丈夫かと思ってたけど、このひとがDJやるころにはアリーナはどこも盛況。ハードっていうよりすごい無邪気な感じで楽しい。2日前のトークイベントで腐乱死体の話をしながらシャンパンを空けていたひととは思えないくらいカッコよかった。最後の曲はなんだwwwww

* HARDFLOOR :
ここにきてまだ履きなれない薄底の靴にクッション用の中敷ではだめだったのか足がちょっと痛くなってたけど、応急処置がことのほかよかったのかだいぶ楽になる。PHUTUREのリミックス曲やってたころにはふつうに動いてた。もうアクペリエンスはいいよーとか心無いことを思っていてもやったらやったでうおおとか思う自分。あとそのアクペリエンスのイントロでもって、いまさら ACPERIENCE = ACID EXPERIENCE の造語ということを知る。

* POPOF :
4階席に向かう道すがらにちょっと聴く。すげえ飛ばしてた。帰ってプロフ見たら、Thomas P Heckmann のレーベルからリリースしてたというのを読んですごく納得。来年来たら絶対聴く。

* KEN ISHII :
4階席から観戦。あれアリーナに出てたらたぶんこの日は朝までもたないっていうくらいの鬼気迫るプレイ。

* DUSTY KID :
ブレイク明けのホワイトノイズ(「ドバシャー!」って感じの音)をはじめとして、音数の少なさと硬さがとにかく強烈だった。WIREのページで見たアー写の牧歌的なイメージはなんだったんだw。観れて良かった。

* Toby & Language feat.Kaori
トビーさん。最後の曲ってかなり前のジャーマントランスのカバーだと思うのだけどあれなんだっけ。かなりゆったりする。

* MARK BROOM :
たぶんこのときが疲労のピーク。フロアに入りたかったけど、扉越しにちょっとだけ聴くにとどまった。無念。友人たちはもういちど小休止に。自分はアリーナへ向かってLEN FAKIに備える。

* LEN FAKI :
開幕から情け無用、もとい、 なさけ むようの残虐ファイト!昨年のWIREでの評判や、最近買ったberghainのシングルに入っていた自身のトラックから期待しすぎってくらい期待してたけど期待以上。片時も休ませてくれなかった。っていうか休む気になれなかった。残虐行為手当が支給されるくらいの優勝!!!!!!!!!!!よくやった!!!!!!!!!!!!

* FUMIYA TANAKA :
クロークに預けた荷物の回収やもろもろのエンカウント(楽しすぎた)、あと半額になってたライジングサンのソフトクリームをうっかりこぼしてしまうという悲惨な事件とかで少ししか聴けず。無念すぎる。でもいい雰囲気だったなー。そして今週末のメタモでまた聴ける…!

* CHRIS LIEBING :
セカンドから向かう途中で Planetaly Assault Systems(ルークスレーターの別名義)の新譜が聴こえてきて既に低音がすごいことになってた。ミニマルのフィルターを通したハードミニマルって感じで、以前のWIREでのプレイよりは音に厚みと凄みを持ってたものの、メリハリついたLEN FAKIのプレイと比べると展開のさせかたがねちっこくてダレてしまった。むしろファラオ状態(仰向けに寝落ちしているまわりに生贄のごとく並べられたペットボトルに囲まれた)友人が凄すぎた。アカの他人まで写真撮ってた。そりゃ撮るよ!狂ってるから!

で、7時半頃終了。なんだかんだであっという間に終わってしまった。

/

・やー、楽しかったです。すごい踊った気がします。

・開催前は2拍4拍のミニマル全盛みたいなムードがどうのこうのとか言われてたみたいですけど、ふたが開いてみれば既にそれを通過していて、それぞれが次のモードに入ってるんだなあと。自分のいまの真ん中を追っかける以外にも、いろいろ楽しむことができてよかったです。

・あと、今年はあんまり写真撮りませんでした。アリーナでの規制もすごい厳しかったみたいですね。そのかわりってわけではないだろうけど、セカンドの飲み物規制がなかったのは助かりました。あれがなかったら HEIKO を最後まで聴けなかったと思います。

・アリーナのPAブース見たら、先日のop.disc showcaseでオペレートしていた方でした…!おつかれさまです!その証拠か、帰ってからほとんど耳鳴りがなかったです。

・あの六角形で構成された世界地図からプレイ中のアクトの拠点都市へスクロールして、ロゴアイコンが点滅する映像、良かった…!良かったよ…!

・起きたら笑点やらちびまる子ちゃんが始まっていて、晩飯食べたら選挙速報になんともいえない感じで疲れて寝たら朝4時でした。

2009/08/06

3枚。

◎最近よく聴いてます。


1: marter / weltraumasthetik [ disques corde ]
http://www.corde.co.jp/release/index001.php?id=54&ra=AJ35YXZPP
… すばらしい!




/////



2: MODERAT [ bpitch control ]
http://www.bpitchcontrol.de/Moderat/home.html
… WIREにも出ますね。限定版に入っているDVDが恐ろしくカッコいい。




/////



3: v.a. / DUB ECHOES [ soul jazz ]
http://www.souljazzrecords.co.uk/releases/?id=16095
… キングタビーからベーチャンを辿って kode9、果てはチップチューン版「リンゴ追分」まで。芯を持ちつつ横断していくこういうコンピはほんとおもろいしありがたい。