your voices can't be heard so far.

2011/04/17

いきてます。

地震くらったりしましたが、まあ生きてます。

・地震発生時は職場に。
・空席の机からモニタが落っこちたりとかエレベータ止まったり。
・四の五の言ってる場合じゃなくワンセグやtwitterクライアントを立ち上げて情報収集開始。しかしことがことなだけに情報が錯綜しすぎてもうよくわからない状態に。
・とりあえず当日分の業務を済ませて状況を見守ることになりよくわからないハイな状態でこなす。
・自分以外の安否を考え始めて思考がグルグルし始める。
・とりあえず業務終了。その後、交通機関が完全に麻痺していることを確認して徒歩帰宅を視野に入れる。
・自宅に電話。タンテとPCは無事だが本とCDはグッチャグチャということを聴く。
・twitter上やメールとかで生存報告が続々と入る。しかし混乱してる自分の頭やもろもろの状況がまるでそのまま反映されているかのようなタイムラインをみてあきらかに動揺する。
・NHK総合テレビがUSTされているということで繋いでみたら、津波が家屋や車をなぎ倒していく、まるでディザスター・ムービーみたいな現実離れした模様を映し出していて唖然。

・とりあえず歩いて帰ることにするも(仕事以外で職場でひと晩明かすとか精神的に無理だった)、友人からTL上で車で近くまできたので合流しましょうというリプライが。とりあえず現在地をメールするも、渋滞に巻き込まれたらしくしばらく待ってくださいとの回答がきたので待ってみるも、底冷えが厳しくなってきてコンビニへ入り、そこの位置情報を送るも反応なし。一部の都営地下鉄が動き始めたという報せを受けたがとりあえず待つ。待っている間、ありとあらゆる食料が棚から消え去っていく有様がすごい。
・待っても連絡がどうにも来ないので(結局2時間くらい経ってた)、当初きめた通り歩いて帰ることにする。
・そこから2時間くらい徒歩。Yellow(現eleven)から新宿までの道のりは知っているので、そこまではスマホのGPSを使ったりする。
・自宅近くになって友人から着信。車に載っていた全員がケータイ電池切れしたとか。事態が事態なので連絡こねえというよりも無事でよかった感の方が強かった。
・帰宅。CD棚と本棚から落ちたCDや本が痛々しすぎて思わず笑ってしまったけど、安堵したのか一気に疲れが出てきたので最低限の寝床を確保して就寝。
・とりあえず、通話が全くできない中、3Gの回線が生きていたのは少し心強かったです。あとIS03のパフォーマンスの高さとか。

///

・その後ですが、未だに地震酔いが続いたり、たぶん生まれて初めて救急車に乗ったり(倒れたのは自分じゃないです)、それとはべつに個人的にもきっついことが続いたりしてますが、だいたい大丈夫です。そんな中でもいままで観聴きしてなかったものに触れたり、名前程度にしかわかってない場所をエイリアン気分で歩いたりとか。あと合宿と称して友人宅にみんなで集まって音作りに没頭してみたりとか。
・しばらくダンスミュージックは聴けませんでした。表面的にアッパーなものは言わずもがなで、逆にディープなものも個人的にはアッパーな音楽なので、やっぱりすこし聴けませんでした。寝る用のものだったりとか(そういえば眠れなくて酒を飲む時期が割と長く続きました)、もう少し自分の感覚や感情に寄り添う感じのものばかり聴いていたような気がします。というか、3月11日がキッカケで聴こえ方とか意味あいに変化が出てしまったようなものが多すぎて、その戸惑いを隠し切ることができないまま先日DJに臨んだのですが、そのパーティの雰囲気やうねりみたいなのが素敵なものだったこともあって、当日かける気満載だったけど、それをかけてしまうのはあまりにもプライベート過ぎるって判断を下してある曲をかけなかったのですが、にもかかわらずそのプライベート感というか、心情が垂れ流されてるような感じになっていて軽く愕然としましたが、あのいい雰囲気の中で衒いなくプレイできたことはほんとによかったです。(technoAクルーのみなさんありがとうございました。また遊んでやってくださいね。ほんと素晴らしいパーティでした!)

・そのあと、自分のアタマの中で全く音楽が鳴らない感じが続いて(本当に1週間なにも鳴らなかったしなにも聴かなかった)、それじゃあということで積んでいた本を読んだり、その積んでいた中のうちの本を書いていた伊坂幸太郎さんのエッセイ集を買って読んだりしてました(その中での音楽と小説についての伊坂さんなりの捉え方が書かれていたのですが、それがほんとうに素敵で、それがこの「鳴らない」最中であってもあまり悲観的にならない要素のひとつになったりした、と、かってに思ってます)。

・で、最近はとりあえず自分の状況をなんとかすべく(まあ足元ですね)、すこしずつ動いてます。それがなんとかなって、その場所に立てたらなんかまた考えるとかそういう動き方したほうがいまの自分にはいいと思っていて。とりあえずいまの無力を先のエクスキューズにはしない感じで。

///

・そんな中なのですが今週末は釧路でDJ。久しぶりに、あこがれのなのかこころのふるさとなのかわからないけどそんな場所、北海道に行きます。東京に戻ったら中野でDJ、この日はtomadくんの真裏ということや、海外からのゲストもプレイということで、なんか緊張します。そして連休はフィッシュマンズ@野音に行ってきます。フィッシュマンズを観にに一緒に行くのは前述の救急車に乗ってそのまま入院した友人なんですけど(そしてチケットを取ってくれたのもこの友人です。ありがとう!)、大丈夫なのかな。

0 件のコメント: